静岡っぽいことを発信したりしなかったりしています。

本場静岡のおでん屋さんをご紹介。

今日は当店の原点とも言うべきお店を紹介します。

それは静岡市にある滝浪商店、通称“かどや”です。

http://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22016448/

kado01

私の静岡おでんデビューは高校生の時です。
部活の先輩に連れられて来たのがこのお店でした。

おでんはいつも自宅で父の作ったものを食べていました。
所謂「しぞ~かおでん」のスタイルとして外で食べたのはこの滝浪商店が初めてです。

こう言うと自己否定になるかも知れませんが、私の考える『静岡おでん』とは繁華街にある飲み屋の1メニューでは無く、近所の駄菓子屋のワンコーナーです。

kado02

この手狭さ、この生活感、そして面倒見の良さそうなおばさん(笑)。これが本来の静岡おでんの姿だと思います。

 

kado04

この出汁の黒さ、おでん串が乱立している姿。もう涎が止まりません。
鍋を仕切っている黒い板にこのお店の歴史を感じます。
kado06

おでんは自分で勝手に取って、だし粉(鯖や鯵の削り節を細かく砕いたもの。決して鰹節ではない)とカラシを勝手に付けて食べる!

kado05左からジャガイモ、しのだ、モツ、昆布。

かどやの昆布は最強に美味いです。生きていることに喜びを感じられる奇跡の産物です。

kado07

速攻で完食。1本70円なのでこれで350円(途中で糸こんにゃくを追加)。

学校の帰りに上、下級生みんなで鍋を囲んで、おでんをつまみながらその日の出来事や将来への不安を語らう。そんな高校時代でした。

あれから20年以上経ちましたが、かどやは健在です。

『全然儲からないけどね。』とおばさんは言っていましたが、いつまで末永く続いて欲しいと思います。

かどや(滝浪商店)…静岡駅から徒歩25分

map

 

フォローお願い致します。

お出かけの最新記事

>ご予約はこちらからどうぞ

ご予約はこちらからどうぞ

同郷、同窓のちょっとしたお集まりに。
貸し切りパーティーも承っております。
勝負デートや合コンでのご利用は…
お控え頂くことをお勧めします。

CTR IMG