宮崎本店に行って来たお話

ちょっと前(9/16)になりますが、お客様たちと宮崎本店を訪問して来ました。

「宮崎本店」と聞いて?となる人が多いと思いますが、【キンミヤ焼酎】を作っているメーカーが宮崎本店さんなんですね。
当店もキンミヤ焼酎にはとてもお世話になっております。
キンミヤ無くして静岡おでんガッツ無し、です。

それで宮崎本店はどこにあるのかと言うと、三重県です。三重県の四日市市です。

map

水曜日の朝7時。高田馬場駅前に酔狂な4人(私・ペニーゆうすけさん・るこさん・遠藤さん)が集合しました。
みんな普段なら仕事がある日です。
この日の為に何ヶ月も前から調整して来ました。プロ意識の塊です。

四日市市まで車で約5時間掛かります。道中、静岡県の長さがとても辛かった…。
ペニーさんは前日の深酒がたたって、休憩ごとにトイレに吐きに行きます。
車内でも気持ち悪さをずっと我慢していてそれを見ているこちらが気分悪くなりました。
これからお酒を飲みに行くのにこんな体たらくで大丈夫かと心配でした。

img_0

途中寄ったNEOPASA静岡では、静岡ならではの光景が見られました。

DSC_0929静岡県民はこの横断バッグが全国的なものと信じています。

DSC_0930店員さんは皆TAMIYA Tシャツを着ています。

昼前に四日市市に到着。ここで宮崎本店の営業担当の印田さんと合流しました。
印田さんも今日の為に東京での仕事を調整して三重まで来てくださったプロ営業です。
我々がいかに我侭暴挙なことをしているのかよくわかります。

DSC_0931妥協を許さない私たちが食べるのは勿論松坂牛です。
現地の人は「まっさかうし」と呼んでいるそうです。
とにかく『美味しかった』記憶しか残っていません。
ペニーさんはその体調にも関わらず二人分平らげていました。

お腹が一杯になったら、いよいよ宮崎本店に突入です!

DSC_0029ここから見える建物は全て宮崎本店のものです。

とにかく想像以上に敷地が広い!
今までたくさんの蔵を見てきましたが、こんなに広い蔵は初めてでした。

DSC_0026この写真に写っている建物も全て宮崎本店の一部です。

まず、応接室のある部屋に案内して頂きました。DSC_0020

DSC_0022

DSC_0023DSC_0024さり気なく飾られるレアグッズ。

暫く待っていると、そこに現れたのはなんと代表取締役の宮崎由至社長!
これには一同ビックリでした。

宮崎社長からキンミヤ焼酎の歴史やその美味しさの秘訣をとくと伺いました。
そして私たちの質問に対し、一つ一つ真摯に答えてくださりました。

ちょっと際どい質問にも「そんなところまで言ってしまって良いのだろうか?」とこちらが心配になるくらい何一つ包み隠さず答えて頂いたのですが、そこには「やましいことは一切無い、自社製品に対する確固たる自信」を感じました。やはりモノ作りをしっかりとしている方はとても強いです。

その後は蔵を見学させて頂きました。

DSC_0030まずは日本酒の方から。

DSC_0032これは精米機です。
外注で精米する蔵が多い中、これだけの規模のものを自社で管理している蔵はそうそうありません。
DSC_0033

DSC_0034DSC_0035これは精米されたお米です。精米歩合40%ともなると米がもうBB弾みたくなっています。

蔵見学は続きます。
案内して下さった方の説明が大変分かりやすく、日本酒の製造に掛かる苦労とメーカーの拘りがよく理解できました。DSC_0038DSC_0040 DSC_0041

このタンクの中に日本酒がわんさかと入っているのです。

宮崎本店は関東だと「キンミヤ焼酎」が有名ですが、地元だと「宮の雪」という日本酒の方が断然有名で、伊勢神宮にも収めているそうです。

来年、三重で伊勢志摩サミットが開催されますが、そこでの晩餐会で「宮の雪」が採用されるために努力しているそうです。頑張って欲しいものです。
DSC_0044 DSC_0046 DSC_0047 DSC_0048 DSC_0050このタンクは地下から吸い上げた水【仕込み水】が貯蔵されています。
「水が命」と宮崎社長は何度もおっしゃっていました。DSC_0051敷地が広すぎて一度はぐれたら二度と帰れない気がしました。DSC_0052 DSC_0054この中には完成された新鮮な日本酒が…ゴクリ。

日本酒【宮の雪】の製造工程を見学した後は、キンミヤ焼酎の出来るまでを見学です…が。

 

DSC_0058このタンクに焼酎の素のアルコール(98%まで蒸留してあるもの)が入っています。
DSC_0057そしてこのタンクに水が入っています。

これを混ぜ合わせてキンミヤ焼酎が出来上がります。
以上でした。

キンミヤ焼酎などの、いわゆる甲種焼酎は醸造したアルコール(これは他所で作られたものを買い付けてくる)を自社の敷地で汲み上げられた仕込み水と混ぜるだけだそうです。
芋焼酎や麦焼酎、米焼酎などの乙類の焼酎はまだそれなりに製造過程があるのですが…
DSC_0059 DSC_0061しかし積み上げられたキンミヤの莫大な量には圧倒されました。

DSC_0063これは回収された空き瓶を綺麗にしているところです。

DSC_0066こちらは瓶にお酒を注入しているところ。
作業は全てオートメーション化されていて、その動作はずっと見ていても飽きません。

DSC_0067回収されたかつてキンミヤ焼酎であったもの。
このお酒が何人の酔いどれを生んだのか…
DSC_0069

この後はお待ちかね、試飲コーナーです!DSC_0074 DSC_0080 DSC_0079

ずらっと並んだ商品に涎が止まりません。
見たことも聞いたことも無いお酒が並んでいました。

私は運転があるので…私は運転があるので…。断腸の思いでした。DSC_0076 DSC_0073 DSC_0075キンミヤ教の祖、吉田類さんとリリーフランキーさんのサインが飾ってありました。
DSC_0072 DSC_0070まさかの現役内閣総理大臣の色紙が。

DSC_0071当たり前のようにモンドセレクション金賞受賞の盾が飾られていました。

お酒を楽しんだ後は宮崎社長と記念撮影です。
DSC_0083

ここで、宮崎社長から遠藤さんにプレゼントが。DSC_0086

こちらの方、遠藤さんは当店の開店当初から足繁く通って頂いております。
いつもキンミヤ焼酎をボトルで飲むのですが、先日その累計本数がついに199本に達しました。
そして記念すべき200本目を是非宮崎本店で入れたいとのことで199本目の空ボトルを持って来たのです。

そのような経緯があった故の、200本目のボトルには宮崎社長の直筆のサインが。
この日の為に会社を休んだ遠藤さんは大喜びでした。

そして私たちにもサプライズのプレゼントを頂きました。DSC_0087

“金”ミヤならぬ“黒”ミヤ焼酎です

宮の雪の大吟醸の粕取り焼酎です。
なかなかレアなお酒らしいのでしばらくはお店に飾っておくことにしました。
暮の忘年会か何かでみなさんに振る舞いたいと思っています。

その後は宮崎本店を離れ、ペニーゆうすけさんの希望で四日市の飲み屋を2件梯子して東京に帰りました。

その辺のお話はペニーさんのブログでご確認ください。

キンミヤ大好きな人たちで宮崎本店に行ってきて幻のクロミヤまでいただいたの巻

お付き合い頂いた遠藤さん、ペニーさん、るこさん、ありがとうございました。
ある日、天啓で「宮崎本店に行くべし」と閃いてから勢いだけで敢行したツアーでしたが行って本当に良かった。楽しかった。美味しかった(松阪牛が)。

お忙しい中快く対応してくださった宮崎社長、印田さん、他宮崎本店の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございます。
これからもキンミヤ焼酎の普及に努めたいと思います。

これからも隙あらばこういったツアーを敢行したいと思います。
皆さんも隙あらばご同行お願いします。

それでもガッツ

しつこいことで有名な男、ガッツです。

通常、月末はのんびり営業なのですが(いつも?)、昨夜は何故かスパークしましたね。

因みにスパークという言葉が好きでよく使います。あと「愛」という言葉が好きですが、使ったことはまだありません。

S__5300244 S__5300246IMG_0196 IMG_0197 IMG_0198 IMG_0200 IMG_0203IMG_0187 IMG_0188 IMG_0189 IMG_0190 IMG_0192 IMG_0193 IMG_0194

本日は沼津で開催される「第28回 静岡県地酒まつり in 静岡2015」に参加してきます。

勿論馬場のお店もドラゴンが通常営業しておりますのでどうぞお越しください。

本人の了承を得ております。

S__5300243

はい、こちらのお客様(左側のほう)。
当店をこよなく愛してくださっている「みともさん」です。

みともさんからの許可を頂いて(と言うか本人が絶対やれと言うので)この記事を書きます。

実はみともさん、現在独身で、人生の伴侶を探しております。
今まで結婚暦もなく、戸籍は綺麗なままだそうです。

都内で某大手の出版関係の仕事をしており、年収は2,000万円くらい(あったら良いなと言っています)。

趣味はお酒を飲むことと、他にも聞いたような気がしましたが忘れました。

埼玉の浦和辺りに住んでいて、それが持ち家なのかどうか、長男なのかどうかは聞いたのですが失念しました。

とにかくこのままだと淋しいので、どなたか良き理解者となってくださる方を募集しています。

この写真とプロフィールを観てときめいてしまった貴女、そそられた貴方、飲み友達になりたいあなた(本当によくお酒を飲みます)当店までご連絡ください。
みともさんをご紹介させて頂きます(もし当店で会われる場合はドリンク1杯サービスします)。

因みにみともさんは真面目な顔をしていると和風クリント・イーストウッドみたいです。

S__5300242

それなりにガッツ

9月の13日に、おでん屋とは別件の大きなイベントを企画していたため、それまでは忙しいな~と思っていました。

そのイベントが終われば一気に暇になる…と思っていたのも誤りでした。

どうして次から次へとやることが出てくるのでしょうか?

一日が27時間くらい欲しいと思う今日この頃です。

IMG_0168 IMG_0169 IMG_0170 IMG_0171 IMG_0172 IMG_0173 IMG_0174 IMG_0175 IMG_0176 IMG_0177 IMG_0178 IMG_0179 IMG_0181 IMG_0182 IMG_0184 IMG_0185

撮影に応じて頂いたお客様には大変感謝しております。

自分に挫けそうな時、この写真を見て励まされております。

せっかく繋がった当店とのご縁、これからどんどん太くしていきましょう!

静岡地酒祭りに潜入!

9月6日、新宿で「第18回 静岡県地酒まつり in Tokyo 2015」が開催されました。

「新宿」で「静岡」の「地酒」と聞いたら女房を質に入れても行かねばなりません。

DSC_0883

強引に仕事を放棄して行ってきました。

DSC_0872

会場入り口には名だたる静岡のお酒が!

今回は16の蔵が参加したようです。

DSC_0873

開宴から20分後くらいに到着するとそこは既にお酒好きの坩堝でした。

DSC_0884

静岡県酒造組合の旗です。これはマニア垂涎の品です。誰かくれないかしら。

DSC_0875

前回の「静岡のお酒とおでんを愛でる会」でお世話になった富士錦の清社長にまずはご挨拶。

どの蔵も、ファンが行列を作っているので中々話しかけられません。

DSC_0876

英君の望月社長は相変わらず人柄が滲み出ており、多くの方に囲まれていらっしゃいました。

DSC_0877

神沢川酒造の望月社長。覚えて置いてくださり、大変恐縮でした。

DSC_0878

我らが君盃の市川さんは親子で大忙しでした。

DSC_0879

磯自慢の前には長い行列が。これはいつもの風物詩。

DSC_0880

志田泉の望月社長には半径5m以内には近づけませんでした。

DSC_0881

杉錦の杉井社長はやはり燗酒を勧めていました。

DSC_0885

開運の土井社長は見当たりませんでしたがやっぱり大人気でした。

DSC_0887

花の舞は色々なお酒造りにチャレンジしていて、老若男女皆さんから引っ張りだこでした。

 

そして、次回の「静岡のお酒とおでんを愛でる会」でお世話になるのが、こちらの…

DSC_0882

富士正酒造さんです。

当店でもあまり取り扱ったことの無いお酒を造っていらっしゃいます。
これを機に深いお付き合いが出来たらと思っております。

この辺で別件の仕事に向かわなければならなくなったので会場を後にしましたが、後から後から来場する人は絶えませんでした。

年に一度のこのイベント、毎年来場者が増えていると聞きます。
静岡のお酒がどんどん広がっていくと良いですよね。

DSC_0886

今回のお土産。

結局家に帰ってからもお酒を飲んでしまいました。

明日も頑張ろう。