コロナに負けるな!ただ今絶賛通常営業中!

今日のお出かけ

とある日の会話です。

おでんさん
営業を再開したのに当店はなんでこんなに暇なんだ!
おでんこちゃん
隣の○文屋は満席なのに…
おでんさん
いったい何が悪いんだ!
味か? 値段か? 私の愛想か?
おでんこちゃん
(その全部じゃないのかしら…)

考えれば考える程、思考は深みにハマっていきます。
そして辿り着いた一つの活路は「よそのお店に行ってみよう」ということでした。

おでんさん
他のお店に行くことによって、客観的に自分のところの良さと悪さが分かるに違いない。

そこで取り出したのが「しぞ~か満ぷくBOOK in 東京」です。

これはふじのくに大使館(静岡東京事務所)の皆さんがその足で集めた首都圏の「静岡県産の食材を使用しているお店」や「静岡県出身者が営むお店」の情報が掲載されている本です(僭越ながら当店も載っています)。

おでんこちゃん
まずは近場のお店から回ってみましょう。

という経緯で、中野坂上にある「立呑や じゃんだら」さんにお邪魔して来ました。

丸ノ内線中野坂上駅から歩いて2~3分の所にあるお店です。
青梅街道沿いで、いつも店の前を通る度に気になっていました。
「浜松餃子」とか「開運」とか静岡心をくすぐる店構えです。

6時過ぎに入りましたが、店内は私たち以外には常連さんらしき方が1名カウンターに座っていました。

店内の画像はありませんが(撮り忘れた)、カウンター席で6名くらい、4人で座れるテーブル席が1つで10人ほど入れるこじんまりとしたお店です。

カウンターの横にメニューがありました。

おでんさん
静岡のにおいがプンプンするぜッーッ!

取り敢えず好きにオーダーします。

静岡県産わさび漬け付板わさ…300円
わさび昆布のせ冷奴…350円
日本酒は全て静岡の銘酒でした。
undefined
國香があるとは…かなりのこだわりを感じるわ。
静岡おでんを全種頼んでみました…値段は覚えてません(^^;

おでんは一品ずつ注文するスタイルです。
注文したのは黒はんぺん、大根、牛すじ、なると、ごぼう巻き、こんにゃく、さつま揚げ、厚揚げ、たまごです。串に刺さっているのは牛すじだけです。
かなり煮込まれて黒々としていましたが、味は濃くなく素材の味も活きています。
まさしく静岡おでんの味でした。美味しい。

おでんさん
ビールはもちろんサッポロビール!
御殿場高原ポークウィンナー…420円
浜松餃子…450円

浜松餃子は浜松出身の店主の独自のレシピで作っている本格派でした。

おでんこちゃん
キャベツ多めで甘くあっさりとした浜松餃子の特徴がよく出ていましたよ!

そして〆はやっぱり富士宮やきそばです。

どこの面を使っているのか聞くのを忘れてしまいました…

もちもちした食感の麺、肉かす、だし粉、まさに富士宮やきそば!
当店のものよりソースがあっさりとしていて食べやすいです。
トッピングは無いみたいです。

おでんさん
止め処もなく箸が進んでしまい、毎日食べたくなる!

19時を過ぎると常連さんが続々と集まり、あっという間に店内は満席に近くなってしまいました。聞けば常連さんたちが通ってくださるお陰で、このような状況でもお店は何とかやっていけているのだそうです。

おでんこちゃん
お店の中でタバコが吸えるのも人が集まる一つの理由かも知れませんね。

長居はご迷惑かと19:30には退店しました。お会計は二人で約10,000円ほどでした。お酒もかなり飲みましたからね…

おでんさん
地域密着のお店はやはり強い!
おでんこちゃん
手軽におでんとお酒と静岡が楽しめる良いお店でしたね。
 

当店にも改善ポイントがまだまだたくさんあることがよく分かりました。
今回の体験を糧に当店を更に進化させたいと思います。

おでんさん
これからも色々なお店に行って勉強してきます!

皆さんも、じゃんだらさんに是非行ってみてください。

★★★☆☆3.23 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999…

しぞ~か満ぷくBOOK in東京は下記サイトからpdfデータでダウンロードできます。

首都圏の静岡ゆかりのお店を紹介した「しぞ~か満ぷくBOOKin東京」を発行しました。…

お出かけの最新記事

>ご予約お待ちしております!

ご予約お待ちしております!

同郷、同窓のちょっとしたお集まりに。
貸し切りパーティーや県人会の開催も承っております。
勝負デートや合コンでのご利用は…正直あまり向かない気がします…。

CTR IMG